自己紹介

ここまでの私の生き方。

ブログを見ていただき、ありがとうございます。

元ICU・現産業保健師、るんたったと申します。

この記事では、私の生い立ちを中心にどうしてブログをはじめたのかを書いていきたいと思います。

 

「るんたった」

愛知で生まれ、愛知で生きてきました。

3年間ICUで働いたのち、現在在宅保健師として仕事をしています。

趣味:旅・いろんな人と生き方やキャリア、面白い企画について話すこと

最近、東海ナースコミュニティも運営し始め、周りの看護師・看護学生とともにいろんなイベントも楽しんでおります。

 

うまれてから今までの経過

生誕して、すぐ父の仕事の関係で、タイへ移住。幼稚園の年中さんまでタイで過ごす。

あの頃のタイは、まだまだ道路はでこぼこ、ビルも少なかった。

小さいながらも、日本語の通じない人のいる環境で異文化を感じ、生きていた。

旅行もよく行き(覚えていない)、飛行機や空港が好きになる(これは覚えている)

弟ができて、お姉ちゃんになったことに喜んだ(気がする)

 

 

日本へ帰国→幼稚園に入る。

人見知りがひどく、毎朝泣いていきたくないという割に、帰るときには帰りたくないと駄々をこねる、わがままガール。

幼稚園でもらうおやつを、毎回半分残して、家にいる弟に渡す(自己満)

 

 

小学生は、マイホーム購入で、途中学校が変わったが、なんだかんだ楽しく過ごした。

人見知りがひどかったが、ある団体(演劇サークルのようなもの、以下団体Lとする)に出会って人見知りを克服していく。

夢はCAになるというようになる(文集には恥ずかしくてかけない)

 

中二病発揮の中学生。団体Lより、アメリカへ1か月ホームステイにいく。

まだ英語も習っておらず、ホームシックになった時もあったが、最終的にはノリとボディーランゲージで楽しく過ごす。

団体のイベントにも参加して司会もしていた。

学校は、いじめとかカースト制がすごくて大嫌いだった(一生戻りたくない)

 

 

高校生は部活は入らず、帰宅部としてのんびり過ごしていた。

団体Lは大好きな先生がやめたことで引退。本当にだらだらしていた。

進路で先生ともめたり、夢のことで悩むようになった。

ネットにはまり、いろんなひとと話したり、イベントに参加した。

 

大学生では、CAの夢をあきらめないまま、看護学科に入学。のちに夢は挫折。

(詳細はこちら)

単科大学だったこともあり、周りのひとたちとの価値観の違いに苦しんだ。

閉鎖的な場所に息苦しさを感じて、在学中に民間で2回短期留学へいった。

たくさんの友達が国内・海外にでき、いつか海外で活躍するという夢をもち実習や課題を乗り越えた。

国家試験はあんまりちゃんと勉強しなくて、本当に落ちるかもとおもったけど、なんとか看護師・保健師資格取得。

このあと、第三次病院のICUナースになり、病みます↓

 

3年間ICUでなんとか働き、退職。

現在は在宅保健師として産業分野に携わっています。

 

「るんたったの生き方研究。」でしたいこと

 

看護師は、本当に病む人が多いです。ではなぜ、病む人が多いのか。

私も、夢破れたり、就職してから辛いことがあったけど、続けてこれたのはなぜなのか。

 

考えたのち出てきた答えは、「たくさんの選択肢を自分で残してきたから」でした。

 

 

看護学生になってから、私は正直周りの人たちと距離をおいてました。

 

いろんな働き方をしたい…!そう思っている私に対し、

 

 

「とりあえず3年大きな病院で働いて、結婚して、子供産んで…」

「やりたいこと?そんなのないよ」

「とりあえず看護師だし、ずっと看護師なんじゃない?それか主婦かな。」

 

そんな子ばかり。

 

その後、そう話していた子たちは、どうなっている子が多かったのか。

 

わたしの周りでは…

こころが病んで休職したり、とても病んでいたり…退職してしまう子がたくさんいました。

 

残っている子も、「つまんない」「しかたない」といって、

あえば愚痴ばかりの子もたくさんいます。(そしてその子がお局に…)

 

 

もっと、楽しく働けばいいのに…

働き方なんて、いろいろあるのに…

家庭があるなら、ほかの方法を模索すればいいのに…

 

 

と、もんもん思う日々を過ごしていたのですが、

ある日言われたのです。

 

 

「病院で看護師以外に働く場所が思いつかない。」

「病院以外って、勇気いるし、そもそも生きていけるの?」

 

 

 

昔からCAがだめだったら…理系に進んだら…看護師の資格をとったら…など

いろんな働き方・生き方を想像(妄想)してきた私にとって衝撃でした。

と同時に、

ああ、みんな働き方を知らないんだな、と思いました。

知っていたらもっと「楽しい生き方を選ぶ」のではないか、と。

 

 

 

「じゃあ私が体現してみよう」

そう思い、私はいま、看護師が資格を使って自由に生きることを体現しようと走り続けています。

人のためのように書いているけれど、私がしたいことと一致していた、それだけです。

 

 

そんな私の生き方を、どこかにつづることで、生き方に困ったり、悩んだりしている人にとどけばいいなと思い、「るんたったの生き方研究。」はできあがりました。

このブログが、いつか誰かの生き方を考えるきっかけになっていれば、とても幸せです。

 

 

機械音痴で、HTMLも知らないし、とりあえす完成だけしたブログですがゆっくりゆっくり、続けていければいいなと思っています。

 

 

今後も、しばらくは私の自己紹介が続くと思いますが、それもまた、誰かにとって、自分の働き方・生き方を考える瞬間になればいいなと思っています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました☺

 

SNSフォローはこちら

Twitter: https://twitter.com/nanawari_run

Instagram: https://instagram.com/nanawari_run